つみたてNISAのなにがオトクかといえば、出た利益が非課税になる枠が大きいということだ。

1年につき40万円まで、月にすると33000円。それが20年間連続して非課税になる。

合計は800万円。なかなかのお得度といえるのではないか。

受付が始まるのは2017年10月より。

いまあるNISAに比べるとつみたてNISAのほうが安心な点は、長期の積立投資に向いている商品だけが対象になるので、もちろんリスクはないわけではないが、安定してじわじわと成長するであろう投資信託やETFが元々リストアップされていることだ。

そういう意味では初心者でも失敗しにくいシステムだということだ。地味に長くコツコツというイメージである。

ただ預金をしているだけの一般人に投資を始めてもらおうという意図があるから、リスクが少なくなっているのだ。

もちろんつみたてNISAではどかんと大きな勝負はできないので、本気の投資をしている方はそのまま現行のNISAで突き進むことをおすすめしたい。