マネー 一覧

クレジットカードを使っていると、けっこうリボ払いのお誘いDMが届きます。

リボ払いはカードの利用件数、利用額にかかわらず、毎月一定額を支払えばいいですよ。
というしくみ。

「リボ払いにすればポイントもたくさんつきますよ」
なんていうちょっと甘いことばも聞こえてきます。

しかし、そもそもクレジットカードの利用は「借金」です。

利息もかかるし、実際毎月支払っているのではなく返済していることになっているのです。

リボ払いで残金を後に残している限り、利息はかかり続けます。

大きなお金をリボ払いで使ってしまうと、いつまでも利息がかかることになります。

負担が最終的にどのくらい増えるかが見えにくいしくみにしてあるのです。


大きな買物のときに一括払いや2回払いではちょっと苦しそうなときは、リボ払いにするのではなく、まずはボーナス一括払いを選択すること。

そして、リボ払いよりは分割払いのほうがまだマシということを覚えておくとよいでしょう。

あまり知らない人が多いのがグーグルで株価を検索するコワザ。

「社名+株」で検索すれば今現在のその会社の株価のチャートや時価総額、その日の売買高が表示されて便利です。

たとえば、「ソフトバンク 株」
kabu.jpg
グーグルとヤフーは同じ検索エンジンを使うようになりましたが、ヤフーではいまのところチャートは出ませんね。

 お金では人間はやる気は出ない。

モチベーション3.0ではこう考えます。

心理学や行動科学の世界では以前からいわれていたことですが、
人にやる気を起こさせる一番強い要因はお金ではなく、
「わくわくする自発的な動機付け」「内なる動機」
です。


ほとんどの日本の企業はいまだにお金や報酬を目の前にぶらさげてあげることで、社員のやる気を引き起こそうという方向で動くことが多いですが、もっと新しい方法が実はあるということです。


もっとよくないのは罰をちらつかせて、人を動かそうとすること。
これはしんどい。


おもしろいから。


重要だから。


世界の役に立つから。


無償でもやる。


こんなことがビジネスでも通用するのです。

このページの上部へ