まず任意整理とは、払いすぎていた利息分を元金に充てりことによって減額した借金を3年のあいだに返済していく手続きのこと。

弁護士の腕次第で、遅延損害金や将来発生するはずの利息も免除できることも。

安定収入がないとできません。

さて、任意整理でどのくらい借金が減るか?というと実際は法定利息へ引き渡し計算をしてみなければ算出できません。

通常は弁護士に正式に依頼をしてから、計算してもらってわかるものですが、弁護士によっては依頼を受ける前にひき直し計算をしてくれることもあります。

400万円もたまっていた借金が任意整理で60万円に減ったという事例もありますから、弁護士に払う費用を差し引いてもずいぶんとメリットがありますね。